ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.02.17 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.01.21 Thursday

物の価値

もの作りを生業にすると、

その作っているものを日常的に使うかというとそうでもない。

出来の良いのは売って、あまり出来が良くないものは安く知人に売ったりする。

結果手元には、ほとんど失敗したものが多い。

そんな中でも時々お気に入りを日常的に使ったりもする。




普段使いしているヒマラヤ杉の摺り漆のお椀がシンクに置いてあった。




IMG_20160118_214717.jpg


逆さまに置いてある、


開けてみると、



IMG_20160118_214727.jpg


冷や飯の蓋として使われていた。


IMG_20160118_214951.jpg

よく見ると結露していたので役にはたっていたみたい。



値段をつけると1万5千円くらいになりますが、


使い方次第では、



IMG_20160118_214748.jpg


トーマスのお皿の蓋として活躍します。






ところで個人事業主にとって一年で最も憂鬱な時期がやってきました。

確定申告

その作業を考えると気分が落ち込みますので、そんなときは楽しい動画を見て気分を盛り上げます。




 
2015.04.02 Thursday

おいらの街



現住所の福津市ではなく生まれた町「小倉」について書きます。

タイトルは別にビートたけし憧れているから自分のことを「おいら」と言ったわけじゃなく、

北九州市の情報誌「おいらの街」略して「おい街」からパクリました。

懐かしいなぁと思い検索してみるととっくに廃刊です。



なんかそんな感じの街です。




発砲事件でおなじみの、


手榴弾事件でおなじみの、


北九州市小倉北区。


ちなみに私が生まれたところはピンク街のど真ん中でとなりの部屋には

とても親切なソープ嬢が住んでいました。

子供のころの写真を飾っている立派なアルバムはそのお姉さんからいただいたものです。

両親いわく、あの町が今まで住んだ町のなかで人の良さはダントツだそうです。


数年前、嫁を連れて自分の生家というか雑居ビルに行ってみた、

昔から1階が飲食店になっていたのでそこで1杯やろうと思い何軒か店に入ってみたが

断られた、よく見ると「会員制」と書いてある。

一軒だけラフな感じのバーがあったので入って聞いてみた、


「なんでここ会員制ばかりなん?」

バーテン
「このビルとこの周辺ゲイ専門です



・・・・・・・・・。




自分の生まれた町、ピンク街がゲイの街になってました。


4歳まで住んでいたこの町の思い出が、どっかにぶっ飛んでいきました。


自分のブランド名「muichiga」は「囚われない」という意味を含ませていますが、


なぜそんな意味をブランド名に持たせたのかと言うと、


この町で生まれたからかもしれません。



そんなファンタスティックな自分の生家から歩いて2、3分のところに、


どう考えても違法建築(川にせり出して建っている)

スタートは絶対、戦後の闇市でしょ、


といった趣の旦過市場がある


ちなみになかなかの活気、最近は中国人とか韓国人旅行客が多いみたい。


ここで面白い企画をやってて、


まず、ここでどんぶり飯を200円で買います。


IMG_20150328_132048.jpg







IMG_20150328_131748.jpg




あとはぶらぶら商店街を歩きながら気に入ったおかずを乗せてもらって、また戻ってきて食べる。


どっかの大学の企画らしい、



この企画をやってる真向かいの魚屋「魚修」

小学生のころからのツレで高校生の時は同じ魚屋で一緒にバイトしてたやつがやってる、


そこで山盛りの刺身を乗せてもらう。




IMG_20150328_132904.jpg


死ぬほど美味い、


漁港の直営販売所で買った魚を刺身でしょっちゅう食ってるけど、やっぱレベルが違いますねー。


こんなに違うもんかというくらい違う、もちろん両方ビタ(身が活きている状態)なのに


魚って鮮度だけじゃないことが良く分かった。この時は釣り鯖とヒラメ。


旦過市場に行ったら是非試してみて、


魚修に行って「ノリの紹介で!」

と言ってみてください。


「誰、それ?」


って言われると思います。








 

2015.03.14 Saturday

ヘアーサロン「コルリ」

春も近づいてまいりましたので、散髪をします。





今日のスタイリストは山口瑠璃子






IMG_20150314_113328.jpg






まだ新人のため、






IMG_3790.JPG






バリカンのみでカットするハードコアスタイルです。







IMG_3809.JPG





なので出来上がりは必然的に坊主になります。
2013.02.19 Tuesday

おぇー

 義父は年がら年中海に行ってヨットをしている。


特技は


「ナマコ拾い」




宗像の海は冬になると浜一面ナマコで覆い尽くされる。


足の踏み場もないくらい、びっっっしりと



活きがいいのでビッタン、ビッタン跳ね回っている。


奴らは獰猛なので気を抜いているとジャンプして肩に乗ってきて耳を食いちぎられる。



そんな襲ってくるナマコを手で払いながらなんとか捕まえた一匹を家に持ち帰ってくる。







DCIM0035 (2).JPG



そして「拾い食い」



2011.06.29 Wednesday

清澄白河憩いの場所が、、、

JUGEMテーマ:レザークラフト
JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々




 江東区白河に引越してきて約一年半が経ちました。

この辺はお洒落なカフェや小さなギャラリーなどが探すといろいろある。

そんなポップな場所にはあまり寄り付かない。

私が好きなのは「ホームセンターコーナン」あそこにはいろんな物があるから好きだ。

もうひとつ好きなお店がある、というかあった。骨董屋の「五右衛門」

芸術品としての骨董には全く興味がわかないけど、日常で使える古道具は大好きだ。

その五右衛門が28日で閉店しまった。閉店するにあたって店内の什器も売ってもらえるということで買わせてもらった。



早速商品を並べてみました。これは骨董品ではないけど店用に前面が開くショーケースがほしかったのでちょうど良かったです。 なんとこのショーケース仕入れ値で売ってもらえました。



右側は年季の入った無垢材でできた本棚。左側はなんと無料でいただいちゃいました。

左の棚板が傾いて見えるのは錯覚ではありません、がっつり傾いています。
ザ・ハンドメイドといったおもむきがあります。



今ではスチールラックが当たり前ですが、昔はやっぱり木なんですね。

パソコンデスクにする予定です。


あとすり鉢とヒヤシンス用の花瓶も買いました。

とても良い買い物でしたが、閉店されるのはちとさびしいですね。
2011.06.21 Tuesday

革を焦がす方法

わけあって、販売及びホームページを運営していた担当が九月くらいで地元福岡に帰ることとなり、大慌てで引継ぎ作業をしております。

PCに関してはど素人なので、一から勉強中。

サイトを作り変えるため、ここ何日かフォトショップとイラストレーターとホームページビルダーを同時に覚えようとしています。

もう飽きました。

PCでは一向に進まないので手書きにしてみました。



写真では無茶苦茶見づらいですが、

かなりシンプルに画像で装飾していたものを一切無くし、線描で作っていこうかと思ってます。

それも飽きましたので、


革をいじって遊んでいます。

革を焦がすやり方を取り入れてみようかと

バフとワックスで焦がしていきます。



なんとなく創作意欲がわいてきました。

よしっ じゃぁ 今日もPCいじろう。

2011.06.16 Thursday

古道具

 特に理由はありませんが、

なんとなく古道具に惹かれます。

なのでウチの店に置いてあるものは古いモノが多い。

ネット販売をしているのでパソコン作業したり、経理をするスペースがあります。

昔で言うと帳場にあたるかなと、



ってことで、デスクの上を帳場格子で囲んでいます。

ちなみにライトは馬車の廃材で作ったそうです。



時々「これ売り物ですか?」と聞かれますが、残念ながらこれは売っていません。

骨董屋で買うとこの花器もそこそこの値段がついてますが、フリマで見つけると300円くらいで買えることもあります。残念な匂いの漂うフリマの、そのなかでも特に残念なブースに並んでいることがあります。

店で使っているスピーカーもそこそこに古道具的です。




JBL 4311  1970年代のスピーカーです。アメリカで使われていたスタジオモニターの代表的な機種

今でもいい音で鳴ってます。


自宅用に三ヶ月前に購入した spendor bc供,笋辰僂蝪沓闇代製

こちらはイギリスBBC放送が使っていたという、これまた由緒あるモニタースピーカー


なぜ梱包してあるかというと、片方のウーハーが少し歪んでいるんです。

素人ではいじれない場所に不具合が出ているそうです。

ヤフオクでオーディオ屋さんが出品していたので安心して落札したんですが、残念ながら返品です。









Powered by
30days Album
PR