ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.02.17 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.11.13 Friday

「作る」と「売る」

JUGEMテーマ:クラフト市



「工芸産直市場 手光」がちょうど一年を迎えました。

毎月一回のイベントですが、これを始めてからやたら忙しい

休みの日数は激減したし、1日の労働時間も増えた。

残業は出来ない体の為、朝早くから仕事してたりする。
(夕方になるとビールを飲まないと手が震える)



いやだぁぁぁーーー、もうやめたーーーい。



うそです。やってるとけっこう楽しい。



ただ一つ悩みがある、月に2日間の開催だが、来客数が少ない。
 

並んでる製品のレベルはかなり高い、
 

合同展示会やイベントなどに出展している人が見ると、ちょっとびっくりするくらい。
 

元々の選定基準が百貨店や大手セレクトショップが並べている商品よりも
 

クオリティの高いもの、という設定なので。

こんな感じ



IMG_5068.JPG

IMG_5069.JPG
IMG_4586.JPGIMG_4583.JPG3.jpg


価格帯もお手ごろな、最安値は驚愕の200円革製キーホルダーから売ってんだけどねー。


「工芸産直市場 手光」は毎回8名前後の職人、作家が参加していて

全員作ることに関してはプロだが、売るのが下手。

1年目にして展示の形は出来上がったので、2年目はどうやって人を集めるか。







主催者としての仕事をこなしつつ、自分のもの作りも少しずつ進行中。

なかなか手がつけられなかった品切れ商品、人気のアンブロパースの新色を追加


2.jpg



木の器もぼちぼち出来始めてきた。


これは摺り漆で仕上げたもの






新しい手法にも挑戦中


グラデーションっぽく手染めしてみた、

一発勝負なので緊張する、しかも杢入りの貴重な材料、



まだ仕上げてない状態


モミジの玉杢入り26センチの皿





カエデの縮み杢26センチの盆












話は変わって、


最近自分のパソコン内の画像を整理してたら、

以前よく一点ものを作ってたころの画像が出てきた。





最近デザインが無難なものばかり作っているので、また変な財布を作ろ。



 

2015.06.27 Saturday

ごく最近の日々

JUGEMテーマ:ウクレレ


ますます最近自分が何屋をやりたいんだかよくわかんなくなってきている。

ずっと店舗の改装工事をやりながら合間を見て革製品を作っていたが最近はウクレレのトップを製作中。

自分が主催する工芸産直市場 手光 

にて展示予定。

一般的にはウクレレの高級品の木材はハワイアンコアが多い。

なんとなくやっぱ良いんだろうなー、と思っていたけど改めて考えてみると

木としてはアカシア系なので特別な特性を持っているわけではない、

多分ハワイの固有種で伐採も規制しているから価値が高くなったんだろう、と勝手な予想。


どうせ自分がウクレレ作りの一部に関わるなら他とは違ったものにしないと面白くない。

うちには器を作るために買ったレアな銘木がある。

その中でもレア度の高いクスノキ

もちろん普通のクスノキとは全然違う、

うちから近所に1800年の歴史がある神社がある。

そこに3本の老木のクスノキが立っていて県の特別天然記念物に指定されている。

そのうちの一本が自然に倒木し、

それを買い取った人から十数年前に買い取った人から最近自分が買い取った。

樹齢は数百年らしい。

その木の元(根に近い部分)は自分が重すぎてまっすぐ伸びずに蛇行して伸びるらしい。


それで作ったのがこれ、


2.jpg



年輪が蛇行してキラキラしています。


同じ一枚の板でも取る部位によって模様が全然違う。




5.jpg



これも不規則な模様でなかなかに面白いやっぱキラキラしている。


個人的に一番好きなのは次、




7.jpg


なんだかおどろおどろしい、

同じように見えるかもしれないけど、仕上げ方もこれはけっこう凝ってみた。

6.jpg



よく見ると導管(木の水が通る細い管)を白くした、


さらに、



4.jpg




3.jpg



写真じゃちょっと分かりにくいけど浮作り加工(年輪に沿って凹凸を作る)

広葉樹でやるのは難しい、オリジナル秘儀。




トチノキの「糸縮み」を使ってもう一枚。

サウンドホールもポップに



1.jpg




よしこれが終わったら、次はレコードプレイヤーのカートリッジキーパーを企画予定。










ではまた。




IMG_4327.JPG

 
2015.05.11 Monday

月一カフェ


月に一度開催しております工芸産直市場 手光

普段は革製品の作業台が、



IMG_4243.JPG



コーヒー用のカウンターに変身します。



IMG_3836.JPG



ご近所のコーヒー屋さん「バリニーズエステ&コーヒーくつろぎ」が、出張プチカフェをやってくれます。


メニューは流動的で、前々回はエスプレッソマシーンでカフェラテ、







前回はオリジナルブレンドのハンドドリップ


IMG_4176.JPG


次回の予定は水出しアイスコーヒーを出してもらいます。



うちから近い若木台にお店があります。



IMG_4160.JPG


店舗の2階で奥様がバリニーズエステをやっています。



個人的にここのおすすめはこれ




オリジナルブレンドの自分だけのコーヒーパックが作れる。



これは「くつろぎ」オリジナルのパッケージと豆だけど、

自分の持ち込みデザインで自分好みのオリジナルブレンドが作れるらしい。


どっかの工場でラインに乗せて自動でやるのかと思いきや、









地道な手作業で好感持てます。




うちも「鷲や」オリジナルを作ろうかと画策中。




お店はここ     









イカ墨パスタは甲イカの墨が多くておすすめです。






IMG_4236.JPG 




IMG_4219.JPG





 
2015.04.08 Wednesday

ぶらり東京 3


上京して最初に住んだ町、江古田3丁目。

からすぐ近く、エガちゃんの町でおなじみの「新井薬師」

にあるお店「森羅万象」久々に行ってきた。

基本は設計事務所で家具や雑貨も売ってる。

IMG_20150319_141459.jpg


東京では色んな店に行ったがここが1.


IMG_20150319_140638.jpg

IMG_20150319_140643.jpgIMG_20150319_140659.jpg

IMG_20150319_140630.jpg

ビンテージものの雑貨からミッドセンチュリーものの家具、

マニアックなレコードレーベルのTシャツからハイブランドのウェア、

500円の古着から数十万円の店舗什器まで、

お店も結構広いので見てるだけで楽しい。

ちなみに設計も個人宅からハイブランドの店舗まで手がけてる。

工芸産直市場 手光もできればこんな雰囲気にしたい。






もう一軒思い入れのある場所清澄白河

工房兼店舗を最初に出した場所

退去時に知人に物件を紹介して福岡に帰った。

知人はカフェにすると言ってたので久々に行って見た。




R1024160.JPG


「ヒキダシカフェ」


自分達で改装した店内は見る影なく立派なカフェになっていた。

この知人も基本は設計事務所。


設計事務所や建築士がやってるお店ってやっぱ違うね


オープン当事はヒマだったみたいだが、最近ブルーボトルコーヒーが清澄白河に日本1号店ができたせいか、

土日は満席でお客さんが店舗前で並んでる状態。

R1024158.JPG

R1024159.JPG





はぁ〜〜〜 俺もがんばろっ。
 
2015.01.07 Wednesday

第二回 工芸産直市場 手光

今週末10,11日(土、日)に開催します。



フライヤーもこんな感じで仕上がりました。


表マスター.jpg



裏面マスター.jpg




あ、  ところで一旦整理します。




屋号が「muichiga」から「鷲や」変わりました。



でも革製品のブランド名は「muichiga」。



木製品はまた別のブランド名がいつか始まります。



工房「鷲や」が作る革製品のブランド名が「muichiga」



「工芸産直市場 手光」は「鷲や」が主催




「muichiga」の革製品は現在、他店には卸していないので
「工芸産直市場」開催の時のみ手にとって見れます。




以上でーーーす。





 
2014.11.15 Saturday

進行状況 17

 
工芸産直市場 手光   ではコーヒーを出す予定。




さすがに立ち飲みってのも落ち着かないので、椅子の準備を




まぁ、できれば木で作りたかったけどそんな時間的余裕もないので



既製品探で、



とは言ってもお金が底をついてるので、安モン探し。



リサイクルショップを結構廻ったけど全然置いてない、



ちなみに探しているのはスタッキングできるスツール



ネットで最安値のものを探してたどり着いたのが



イケアのmarius   



別になんちゃないスツールだが驚異の価格 500円




IMG_20141114_141747.jpg






さすがにこのまま使うのも芸がないので




革張ります。





まずは35センチの円形の革を用意して




周囲を漉きます。




IMG_20141114_135917.jpg





ポイントは3回に分けて漉いてください。




一回目は幅50ミリくらいで厚めのナゾエ

二回目は幅30ミリくらいで薄めのナゾエ

三回目は幅18ミリのヘリ




次は座面にボンドをひきます。




IMG_20141114_143350.jpg




今回は安く手に入って強力なG17を使用



ボンドは全面にひかず、周囲だけ塗って浮かし貼りします。




IMG_20141114_145134.jpg





中心を合わせて乗せたら親指の横っ面でヘリを立ち上げていきます。





IMG_20141114_142518.jpg




全部立ち上がったら、今度はヘリにボンドを塗ってヘリを返していきます。




IMG_20141114_154329.jpg





これで座面は完成。





こんな感じ





IMG_20141115_090049.jpg



スツールは五百円だが

革はエルメスのヴォーエプソンを使用







一仕事終えて一杯







IMG_20141113_181409.jpg










IMG_20141113_181433.jpg



2014.11.10 Monday

第一回まで一ヶ月切った


某百貨店と取引させてもらえるようになったきっかけの製品



コーヒースリーブ 





スターバックスコーヒーに合わせて








百貨店の紳士雑貨の部長の発案で製品化しました。



東京渋谷のど真ん中にある百貨店



これを売り出すのに百貨店の折り込みチラシに掲載してもらい



数万部配ったらしいです。



そんなに爆発するほど売れなかったけど。




爆発的にパクられた。



革製品の世界はデザインのパクリが横行しています。



売ったもん勝ちの世界です。




ドラえもんもびっくりです












さてそんなグチはさておいて、




福津市の市街化調整区域にはスタバが無いので




遊びに来てくれたお客さん用に




作りました。






IMG_3289.JPG



IMG_3290.JPG





「50個百円の紙コップを何とかしてかっこよくする為のサーモカバー」






当方主催の「工芸産直市場 手光」にて活躍する予定




フライヤーもできまして、





IMG_3292.JPG






準備が着々と進んでおります、




各職人さんもがんばって製作していただいとります。











IMG_20141110_082711.jpg
「よだれ職人」鷲央

 
2014.10.28 Tuesday

進行状況 15

 

合同展示会の日程が決まりました。




12月6日、7日





「工芸産直市場 手光(てびか)」と言います。




詳しくは

https://www.facebook.com/tebika


にて情報発信しますのでチェックしてください。



いいね!してもらえれば幸いです。







開催日を決めたは良いものの、まだやらんといけんことが多すぎる。







まずは床のコンクリート、





IMG_3230.JPG





シミだらけで汚い。






板を敷こうかと見積もってみたけどお金が全く足りないので、






ヤフオクでペンキ落として塗った。










IMG_3245.JPG







買い込みすぎた木材を目隠ししなきゃならんので、







カーテン買おうかと見積もってみたが、やっぱりお金が足りない。






ヤフオクで麻布を落とした。








2日かけておもちゃみたいなミシンで8メートルの目隠し布完成。








IMG_3244.JPG











んで、まぁ何とか見れるようになった。






IMG_3249.JPG






は〜〜〜〜〜あ〜〜あ、改装はもう飽きた。







あ、看板作ってねー












うちの娘けっこう前髪攻めてます。









IMG_20141022_142232.jpg

2014.10.12 Sunday

進行状況 14

 


進行状況を報告します!





全く進行していません!





あ、ちなみに今回のカメラマンは娘のるりこ、








IMG_20140930_113232.jpg





三脚を使って写真を撮るという行為は分かってるみたいですが、







そこにカメラが必要だということまでは理解できていません。









改修工事の遅れの原因は木材の買いすぎです。








IMG_3215.JPG




この写真に見えてる量の5倍くらい買いました。





軽トラで15往復くらいしました。





どう考えても買いすぎ、






この木材の運搬と整理などで3週間くらい潰しました。






IMG_3227.JPG





まぁ、一応棚を作って整理ができたとこです。






はぁぁぁ〜〜〜  疲れた。










まだちゃんとした情報は公開していませんが、






今回の工房兼店舗はコンセプトがございまして、








月に一回、合同展示会を開催します。






色々なジャンルの工芸作家に協力していただき行います。








第一回は12月の予定、





詳しくは追々。













ばあちゃんをいじめることに全力投球。




































2014.08.14 Thursday

進行状況 13



新しい工房ができたら使いたいと思って買っといた、巨大座卓。






IMG_20140813_082601.jpg





オークションで落札した。





肥松の柾目の2枚接ぎの板。





肥松の柾目は建築材でいえば最高のもの。





材料の木材を探してオークション見てたら引き取り限定で近所で出てたので、即効落札。





取りに行くまで樹種も木目も分からなかったが、持って帰って改めて見てびびった。









ここ最近忙しくてほったらかしにいていたが、ちょっと時間が取れたのでこれを使って作業台を作ろう。






まずは天板から足をとっぱらって、汚れた天板にサンダーをかける。






IMG_20140813_140856.jpg








一皮削って自家製蜜蝋クリームを塗る、






IMG_20140813_174253.jpg


天板の下準備はこれだけ、





足作りはうちではできないので、適当な材料を持って近所の


テノ森   


で製作。









IMG_20140812_110329.jpgIMG_20140812_110335.jpg




家具を作るのに充分な設備が整ってる、1日大型機械使わせてもらって3000円もかからない。







使い方も教えてもらえてスキルアップで一石二鳥。






丸一日かけて出来上がった独立式の作業台の脚が







IMG_20140813_133823.jpg





ありあわせの材料で作ったので脚は櫻、前っ面は楓、横っ面は栃。





ここまでは何とか出来たが、問題は100キロくらいありそうな天板をどうやって一人で乗せるか、






とりあえず安い台車をホームセンターで買って近くまで運んでみた。






IMG_20140813_165236.jpg




こっから先どうやって上に乗せるかを考えた結果、





片側ずつ天板の下にはさむものの高さを上げながら上げる。






頭の中でイメージトレーニングしてみたが、失敗して玄関のガラスを突き破るイメージしか浮かばない。





イメージするのをやめて作業に入った。






一度下に落としたら二度と一人では持ち上げられないので慎重に、







少しずつ、少しずつ、











ッッッドッカーーーーーーーン!!!
































IMG_20140814_102738.jpg











無事乗った。












ん、  しかし     トータル的に見てデザインがなかなかにひどいなぁ、






ま、質実剛健ってことで、






ちなみにこだわりは向って左の脚が無い空間部分の広さ、






革小物の職人にしか伝わらないと思うけど、これが超便利。












今まで使ってきた作業台は楢の集成材で天板は70ミリあった、





IMG_20140814_102500.jpg





こいつの剛性はハンパじゃなかった、脚が鉄で出来てるし。




そのせいで作業中、手の横っ面で革をたたいて接着させる作業があるんだけど、台が堅すぎて手が痛い。






その点松は柔いので手に優しい。






そろそろ革製品作んないとなぁ、







改修工事に金掛けすぎて、通帳すっからかんになっちまった。





































 
Powered by
30days Album
PR