ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 銘木 ボールペン  | main | 久々にシステム手帳作った。 >>
2017.02.17 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.04.14 Thursday

激レア 銘木ボールペン と ジャクルシー 財布


もう二度と入手出来ないだろうと思っていたジャクルシーレザー、

通称ワニトカゲ、

ワシントン条約で流通が規制されて何年経つんだろうか?



先日東京に仕入れに行ったとき、知人に紹介してもらった爬虫類皮革屋さんから情報をゲット。

その革屋さんの知り合いの革屋さんが代替わりして倉庫を整理した際、

手付かずの一角があったそう、

先代が残していたジャクルシーを発見!

ちょうど売り先を探していたらしく即購入!!


爬虫類皮革はあまりよくないものだと穴だらけだったり、傷が多かったり、

保存状態が悪いと手で引っ張っただけで避けてしまうものもあり、見極めが重要。

今回のものは超一級、革屋さんもこのグレードは今後お目にかかることはないねと。


で、早速作りました。

長財布


_MG_6436.JPG


かなり高額商品にも関わらず、以前作ったものは割りと早くに完売。

以前のものは内側にヌメ系のカーフやステアを使ってハリのある作りにしましたが今回は

内側をクロムなめしのディア(鹿革)とクロムなめしのカーフ(仔牛)

を使って製作、どちらもかなり柔らかく特にディアは高級手袋に使われる、フワフワの素材。



_MG_6431.JPG

_MG_6442.JPG


ちなみに作る技術としてはクロム系の柔い革ほど扱いが難しく、ヌメ革のような硬い革ほど扱いやすい。

あとみんな割りと知らないのは、ヌメ革とクロム革では圧倒的にクロム革の方が強い!

作り方によっては気をつけないとヌメ革は簡単に裂けやすい。

財布の場合、0.1mmくらいに薄くすることがあるけど、

0.1mmの革はフルタン(タンニン100%)の場合、紙みたいにピリピリっと裂けます。


もちろんどっちを取っても一長一短。


今回は世界のトップブランドに倣ってクロムレザーを使用、

紫色のカーフはエル○スが使う、ドイツ ワインハイマー社の革。


ちなみにクロム革は経年変化をあまりしません、汚れや傷も付きにくく

綺麗な状態を保てます。

世界のトップブランドが使用する理由はこれです。




革を扱う人でも特性をあまり理解してない人が多いので敢えて力説してみました。

商品はこちら




さて、話は変わって次はレア木材の銘木ボールペン。


色々なレア材があるが、やっぱり国産で一番分かりやすいのが、「屋久杉」

先日仕入れた屋久杉を製材してボールペンをいくつか作った。

厚さ40mm 縦横400mmくらいの板材をばらした。

屋久杉と一口に言っても個体差が大きく、木取りの仕方によっても全然違うものが出来上がる。


その中から会心の1本が出来た。

髄(木の中心)に近い脂壷(脂分が固まった所)から





auc03_13yaku_d2.JPG
auc03_13yaku_d6.JPG
auc03_13yaku_d9.JPG
auc03_13yaku_d8.JPG
auc03_13yaku_d11.JPG

四方に光明(屋久杉の部分的に光ると場所を「こうみょう」と言います)が入った奇跡の1本!!!


他の屋久杉ボールペンより倍以上の値段で店頭に並べてました。

個人的には倍以上でも安いくらい。

革と違って木の模様は不確定要素が大きいので、

狙っても出来ないことが偶然出来たりします。

このボールペン狙って木取りしたけど、狙った以上のものが出来た。

こういうのは正直売れなくても良いと思っている。

あまりに気に入ったので手元に置いときたくなる。

ショーケースに並んでるだけで満足する。



うちは工房兼ギャラリーになってるので気に入ったものがあればその場で買える。

市街化調整区域の田んぼの真ん中にあるギャラリーなだけあって、

来るお客さんの99%の人の感想は小声で「たかーい」

気持ちも十分に分かる、田んぼの真ん中で高級品を買う意識など持ちにくい。




東京に上京して最初に働いたのは港区青山、最寄の表参道駅まで歩いて2、3分。

あそこで売ってたら

「このショーケースに並んでるペン、全部ください」

くらい言われそうだけどな〜   

と、妄想してしまう。



話が逸れたが、昨日仕事の用事で来られた方がついでにギャラリー見たい、

とのことで見てもらった。


何の迷いもなく「これください」

と会心の1本を指した。

あまりに突然だったので思わず、

「こういうのもありますよ」

と20倍以上も金額差がある

革巻きのボールペン(1200円)を薦めてみるという訳の分からない接客をしてしまった。



結果、屋久杉のボールペンと革巻きのボールペンを両方買っていかれた。

あまりに気持ちよく買い物してくれたので、

ただでさえ値段的には安いと思っていた会心の1本をさらに安くして売ってしまった。


なんかこういうのって、職人あるあるじゃない?




まぁそんな高級品も普通に売ってる田んぼの真ん中にある

「工芸産直市場 手光」

をよろしくおねがいします。




_MG_6231.JPG



















 
2017.02.17 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR