ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 木の器の話 | main |
2019.10.15 Tuesday

大往生ばあちゃん

JUGEMテーマ:レザークラフト

 

先日自分のばあちゃんが亡くなった。

享年103歳、文句なしの大往生だと思う。

 

生前ばあちゃんの家は車で行けるので子供たちを連れてよく行った。

ばあちゃんは高齢になってから写真を撮られるのを嫌がっていた。

年を取った顔があまり好きではないからみたい。

数か月前そんなばあちゃんだが、ひ孫となら撮るかなと思い。

撮らせてもらったら全然嫌がらなかった。

ひ孫とばあちゃんがほっぺたをくっつけあって微笑んでいる良い写真が撮れた。

多分生前最後の写真だと思う。

こどもたちにとっても良い思い出になったはず。

 

普段は式というものが苦手なのであまり行かないが、

そんなばあちゃんの葬式に行ってきた。

太りすぎてスーツが全く入らないのでまいった。

ボタンは止まらないが何とか着れるジャケットと

ボタンは止まらないけど何とか履けるパンツを選んで出発。

途中イオンで激安白ワイシャツを買い、

黒ネクタイは高くて買えないなぁと店員さんと話していたら、

「百均で買ったら?」

ナイスな助言をもらい百均で黒ネクタイと黒靴下ゲット。

イオンのトイレで着替え、入らないズボンをベルトでねじ込み、

なんとかそれっぽい格好になった。

靴は10年くらい前に「なんかの時のため」

に勝っておいた黒いローファーがあった。

ただ履いたそばから表面の合皮がバキバキ割れて、

なんかすごいことになっていた。

葬式後に妹にそういう模様の靴かと思った、と言われた。

 

葬式は親族のみ、

よく考えたらばあちゃんの個人的な友達とか

知り合いはもうみんないないか。

 

最後に棺桶を閉める前に体の周りに花を並べた。

 

色とりどりの花がばあちゃんを囲んでいく。

 

最後に白い菊の花が10個くらい残っていたので、

自分が手に取り並べた。

 

顔の周りはみんな遠慮していたのか花が少なかったので、

 

白い菊の花を顔の周りを縁取るように等間隔で

10個の菊の花を並べた。

 

並べ終えた瞬間、

 

「ん?なんか見たことあるなー」

 

「なんかに似てるなー」

 

と思ってて、ハタと気付いた。

 

「あ!!! ポンデライオン!!!」

 

と思った瞬間思いっきり吹き出しそうになり、

目頭を押さえ泣くふりをして何とかごまかした。

 

危なかった、本当に危なかった。

こんなことになるから、みんな顔の周りは避けていたのか。

いやー勉強になった。

 

そして出棺。

焼き場に送る最後の時。

霊柩車が迎えに来る。

 

その時に来た霊柩車が「ハイエース」だった。

また吹き出しそうになり、目頭を押さえた。

心の中で「現場かよ」と突っこんだ。

 

あとで調べてみるとハイエースやキャラバンは

普通に使われいるみたいだ。

 

普段葬式なんて参加しないから知らない事ばかりだった。

 

帰りがけ、表面がズタボロになってきた靴のソールが丸ごと取れた。

これはさすがに声を出して笑ってしまった。

 

そういえば、新しい商品が出来た。

自分用に靴ベラを作ってみて、とても使いやすかったので商品化。

中に鉄板が入っている。

鉄板の周囲ギリギリを縫うが、

そんなの日常茶飯事で行ってる作業なので、

いつものようにやっていたら、

針が鉄板にあたって針が粉砕!!!

運よく顔に飛んでこなかったが、

次回からはゴーグルを付けて縫おうと決めました。

 

2019.10.15 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR